--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/09/01 (Sat) 8月の一時間足の20EMAと75SMAのサポート・レジスタンス

一時間足の20EMAと75SMAのサポート・レジスタンスは本当に有効なのか?という検証を7月分で以前にテストしてみたのですが、今日は8月で再検証してみました。

vq2 with B


20EMA 75SMA_aug-1


今回は、ロンドン市場クローズの時間帯は省いています。
7月では、勝率と総獲得pips共にユーロ円が優勢でしたが、8月は獲得pipsをポンド円に譲ったものの、勝率は9割を超えると結果となりました。
やはり、ユーロ円の方が有効だと言えると思います。

7月と8月を比べると、8月は東京市場での発生率が両者共に圧倒的ですね。
8月は、夏枯れの特殊な月とも言えますし、9月分のトータル3ヶ月分の検証だと、サンプルとして信頼性のあるデータになると思います。
楽しみにしてくださいまし!

どの書籍にも優位性(エッジ)のあるトレードをと書かれていると思うのですが、
エッジって何だらほい?どうやったら優位性って分かるんだらほい?
そのエントリーポイントの勝率を知っていること=優位性
のように思います。

どんな職業でも言えることですが、自分のスキルを磨き続けることは重要ですし、手法のブラッシュアップをし検証し続けること。
基本的にマーケットからお金を稼ぐことが目的としてある訳ですが、やっぱり好きじゃないと出来ないことなんでしょうね。

スポンサーサイト

My Pattern | trackback(2) | comment(3) |


2012/08/28 (Tue) Wカップ・パターン

Wカップ・パターン
このパターンも、かなりの高勝率の逆張りです。
ちなみにワールドカップとは何の関係もございません。
8月21日と22日のポンド円のです15分足。

120821a_gdp 15


4時間足だと分かりやすいのですが、7月3日の高値と8月21日でティーカップ&ハンドルを形成しています。
で2つ目のティーカップ&ハンドルが8月21日と22日ですね。
名付けてWカップ・パターンです!

120821a_gdp 4h


って言うか2つ目のってただのダブルトップじゃないですかね?
。。。。。。
。。。
。。
一部の地方では、そう呼ばれることもまれにあるみたいですね。。。。。。。。

My Pattern | trackback(1) | comment(0) |


2012/08/25 (Sat) ガートレー222実践レシピ

ガートレー222実践レシピ

ガートレー222について、いくつか質問を頂いたので、僕なりのエントリーポイントと利食いの考え方を紹介したいと思います。

手順1
mt4の一時間足で、こんな風に手書きで線を引いています。
僕の中では、AB=CDが最も勝率が高いと考えているので、ABとCD並行になる線を探します。職業柄でしょうか、自分で考えながら線を引くのは、わりと楽しいですね。


120824_eur 1h

手順2
15分足です。
更にAB=CDを探していきます。
慣れれば、意外と簡単に見つかります。


線なしの15分足(8月24日ユーロ円)
AB=CD見つかりますか?

120824_eur 15

線を描いた15分足(8月24日ユーロ円)
ガートレー222売りパターンです。

120824_eur 15 a

手順3
ロンドン市場まで待ちます。
僕の中のイメージなんですが、

東京市場=たまにドラえもんと行動するのび太君
ロンドン市場=ジャイアン
NY市場=キチガイすねお

なのでドラえもんが、現れなかったのを確認してからジャイアンを待ちます。

エントリーポイントですが、
直近安値を超えること。
直近高値まで戻さないこと。


を条件とします。
直近高値を超えた場合スルーです。
ストキャスティックスのクロスが、戻り売りのエントリーポイントです。
15分足のズームです。

120824_eur 15 b

手順4
利食う
永遠のテーマですね。
一時間足です。
120824_eur 1h a

平均ボラティリティを知っていることは、重要なポイントになります。
でも、一番可能性の高いのは、直近の安値でしょうか。
分割で利食いするのも手だと思います。

2番目に可能性の高い高いポイントは?
次の安値でしょうか。

3番目のポイントは?
前回ピンポイントで日足の75SMAがサポートになっています。
なので今回もう一度抑えれれる可能性が高い。
mayuhime流の考え方です。

4番目のポイントは?
最高ボラティリティから、日足の75SMAの50pips下97.50辺りでしょうか。
日足の75SMAを超えてきてますし、大きい流れでの押し目の局面だと考えるのが、ベストだと思います。なので、売りの利食いは、控えめに。
案の定、日足の75SMAで跳ねました

こんな感じでしょうか。
もし、参考になれば幸いです。
頑張りましょう!

My Day Trading Method | trackback(0) | comment(6) |


2012/08/24 (Fri) AB=CDパターン+一時間足の75SMA

AB=CDパターン+一時間足の75SMA

AB=CDパターンをブログに載せてから、爆発的に僕のブログを見て頂けるようになりまして、ドギマギしている今日この頃です。
で、もっとチャートパターンをUPしてくださいという御要望を結構頂いたのですが、申し訳ありません。
ネタ切れです。

複合パターンを最近発見しましたので、そのネタで続行します。
8月21日ユーロ円です。
僕のブログを見て実践してらっしゃる方ならば、バカ勝ちしたと思います。
1時間足。

120821_eur 1h

何故上がったか、決まりすぎて怖いというのでしょうか。
一時間足の75SMAのサポートは、もちろんなのですが、僕が見ていたのは、このラインです。

ガートレー222買いパターンです。
ガートレー222+一時間足の75SMAのサポート
これは、買うしかないんです。

120821_eur 1h a

エントリーポイントですが、検証して勝率を知った以上迷いはなく、15分足のストキャスティクスでした。サインは早いですが、ストキャスティクスは、ダマシも多い。ですが、損切り幅を狭く出来るというのがポイントです。大まかな勝率を知った以上、損失をコントロールしたいと思います。

120821_gdp 15b

My Pattern | trackback(0) | comment(0) |


2012/08/20 (Mon) 一時間足の20EMAと75SMAのサポート・レジスタンスの有効性

一時間足の20EMAと75SMAのサポート・レジスタンスは本当に有効なのか?

という疑問を検証してみました。

vq2 with A



20EMA 75SMA


7月のポンド円とユーロ円の結果です。
面白いことが発見できました。
同じ手法なのに、ポンド円とユーロ円では、勝率と総獲得pipsに随分と差があること。

ユーロ円の方が圧倒的に有効であること。


ユーロ円で、以下の条件を加えると
20EMAでの逆張りはしない
NY市場参入後はエントリーしない。
NY市場がクローズした後のトレードをしない

というルールを追加をすると、勝率が62%から78%に上がること。

ポンド円では、逆張りのみとしNY市場がクローズした後のトレードをしないというルールを追加をすると、勝率が42%から65%に上がるんです。

同じトレードしてるのに何故勝率が安定しないんだろうと思っていたのですが、通貨ペアによってこれほど違うとは、
知らんかったです。。

My Pattern | trackback(0) | comment(3) |


| TOP | next >>

プロフィール

samurai londoner

Author:samurai londoner
建築家の仕事は、建築をデザインすることです。デザインとは、歴史、背景、場所性、機能、ユーザー、構造、設備、法をあらゆる角度から分析し、最適解を発見し、全ての情報をライン図面に落とし込むわけです。
英国で教育を受けた建築家が、ラインを描画するプロとして、FXのチャートのテクニカル分析に挑戦です。
最終的な検証は、「投資によって、人は生きていく為の仕事から、喜びを得る為の仕事に転換できるのか」。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。